お食い初めの料理メニューや順番!失敗しないための3つのポイントとは?

昨年の11月に生まれた第2子の、お食い初めの時期が、

だんだんと近づいてきました。

 

第1子のときは、ちょうど2年前にやったのですが、かみさんの

実家でやったので、そんなに悩むこともなく、両親が用意してくれた、

料理や関連道具を、そのまま指示通りに儀式をやったのですが・・・。

 

スポンサードリンク

 

それが災いしてか、すっかり2人とも忘れてしまっていたので、

料理メニュー、準備する物から、儀式の手順まで、再度調べることに

なりました。(^^;)

 

そのときの記憶でかすかに覚えているのが、神社の石ころと、

赤飯、鯛が並んであったことぐらいでしょうか・・・。(><)

 

アハハ~、年を取るというのはホント恐ろしいですね~。

とか、年のせいにしたりして・・・。

 

ということで今回は、

お食い初めを失敗しないためのポイントを、3つにまとめてみました!

 

今回初めてお食い初めをやろうと思っている方や、

2回目、3回目だけど、忘れてしまって少し不安だと

思っている方は、復習もかねて参考にして下さいね~。

 

7131-3880
出典:honjin.jp

 

お食い初めとは?

1度やったことがあるにもかかわらず、管理人はすっかり、

お食い初めの意味を忘れていましたので、そこから

復習することにしました!

 

おいおい、そこからかいな!と思ったそこのあなた!

厳しいツッコミ、まことにありがとうございます!!m(_ _)m

 

さて、本題に戻りますが、お食い初めとは生後100日頃を

過ぎた赤ちゃんが、「食べるものに一生困らないよう」に願うための

日本特有の儀式ですね。

 

これは、日本の儀式全般にいえることですが、

地方によって、日にちは若干の違いがあります。

100日だったり、110日だったり、120日だったりします。

 

その辺は、現在お住まいの地域に合わせてもいいでしょうし、

ご両親のアドバイスを参考にするのもいいでしょう。

 

管理人は前回と同様に、一番オーソドックスな100日頃で

やる予定ですよ~。

 

お待たせしました!

次ではいよいよ、失敗しないためのポイントについて説明しますよ~。

 

スポンサードリンク

 

お食い初めを失敗しない3つのポイントとは?

お食い初めを失敗しないためのポイントは、次のたった3つです!

この3つさえおさえておけば、失敗することはありませんよ。

 

  • 料理のメニュー(一汁三菜)
  • 準備する物(食器など)
  • 手順(順番など)

 

では、順に説明して行きましょうね。

 

料理のメニューは一汁三菜!

お食い初めの料理メニューで、必ずおさえておきたいのが

一汁三菜(いちじゅうさんさい)という作法です。

 

この作法は、主食のごはんに、汁物1つとおかずが3つ

構成される料理のメニューのことをいい、これだけで、

栄養バランスのよい食事がとれる、メリットがあります。

 

一般的には、

以下が、お食い初めの伝統的なメニューとされています。

 

主 食・・・白米、赤飯など

汁もの・・・すまし汁、お吸い物、味噌汁

おかず(主菜)・・・肉や魚

おかず(副菜1)・・・野菜の煮物

おかず(副菜2)・・・なます、ごまあえ、酢の物など

 

管理人は、鯛(タイ)もお食い初めに、欠かしてはいけないものと、

誤解していましたが、必ずしも用意しないといけないもの

ではないんですよ。

 

ここで、よく使われる食材とその意味を、簡単にまとめてみました。

こういったもので、料理のレシピを考えると、

更に縁起を担ぐことができるので、いいかもしれませんね。

 

鯛(たい) ・・・ 「めでたい」の意味。

梅干 ・・・ 「しわができるまで長生きするように」の意味。

海老 ・・・ 「腰が曲がるまで長生きできますように」の意味。

・・・ 「まめ(健康)」の意味。

昆布 ・・・ 「よろこぶ」から、幸運に恵まれるようにとの意味。

・・・ 「勝ち栗」として、運が開けるようにとの意味。

 

また最近では、料理を用意するのが面倒という方のために、

こちらのような、通販のお食い初めセットなども人気のようですね。

 

 

 

お食い初めの準備物!

そして、準備する物はこちらの3つですが、

  • 歯固めの石
  • 食器
  • お箸

うち1つのお箸は用意しないという方も結構多いようですね。

 

歯固めの石】

「石のように、丈夫な歯であってほしい」という意味があり、

石は、神社の境内で人が歩かない(踏まない)ところから

3つ拾ってきます。

※ 儀式が終わったら、ちゃんと戻しておきましょうね。

 

【食器】

男子は朱色、女子は黒色とされていますが、最近では好きな色で

かまいませんよ。

 

【お箸】

こちらは、こだわる人こだわらない人でわかれるようですが、

お箸は柳箸が正式といわれています。その理由は、こちらの箸は

丈夫で折れにくいことから使われますね。

 

ただ、管理人は全くこだわりがないので、普通のお箸を使う

つもりです。

 

お食い初めの手順!

さて、最後のポイントとなりましたが、これで最後ですので、

しっかりと頭に入れておきましょうね~。

 

【食べさせる人】

長寿にあやかるという意味で、親族で一番長寿の人が、

ひざに赤ちゃんを抱いて、箸で食べさせる真似をします。

 

男の子 なら おじいちゃん、女の子 なら おばあちゃん

食べさせるのが正式です。

 

ただ、近くに親族がいない場合は、これにこだわる必要は

なく、ご両親でやっても全く問題ないですよ。

 

【食べさせる順番】

次に、食べさせる順番ですが、

飯→汁→飯→魚→飯→汁の順に、三回 繰り返して

食べさせる真似をします。

 

そしてこの後、歯固めの石の出番です。

歯固めの石 に箸を触れて、その箸を赤ちゃんの歯茎

そっとあてます。

 

最後に

お食い初めの儀式は、こだわればこだわるほど

お金もかかっちゃいます。

 

でも大事なのは、いくらお金をかけたではなくて、

ご両親がお子さんを大切に思う心だと思いますので、

あまり儀式の中身にこだわりすぎないようにしましょうね。

スポンサード リンク

よく読まれている関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す