ボルダリングシューズの選び方は?初心者におすすめ商品を紹介!

ボルダリングを始めると、初心者の方が必ず欲しくなるアイテム

といえば、シューズではないでしょうか?

 

スポンサードリンク

 

最初のころは、レンタルでもいいかもしれませんが、

すこしづつ、レベルが上がっていくにつれ、

だんだん、自分用のシューズが欲しくなってきますよね。

 

でも、このボルダリングシューズ、ほとんどの方が聞いたこともない、

海外メーカーの製品ばかりで、種類もかなりたくさんあるため、

どれを選べばいいのか迷いますよね。

 

管理人も、ボルダリング歴は5年ぐらいになりますが、やはり

最初のシューズ選びにはかなり悩んだのを、今でも覚えています。

(^^;)

 

そこで今回は、ボルダリングシューズの選び方と、

初心者の方におすすすめの商品を紹介したいと思います!

 

スポンサードリンク

 

ボルダリングシューズ選びのポイント

 

  • 普段の靴のサイズよりも1~2サイズ小さいものを選ぶ。
  • ソール(靴の裏底)は柔らかめの物を選ぶ。
  • 自分の足の形にあった形状の物を選ぶ。

 

ボルダリングは、足のつま先やかかとを使って壁を登るので、

ゆるい靴を履いていると、登っている最中に、すぐに脱げてしまいます

 

また、ゆるい靴だとつま先やかかとにしっかりと力を

かけれないので、岩やホールドにうまくのることができません

 

ですので、普段履いている靴より1~2サイズ小さい靴

選ぶようにしましょう。

 

ただ最初から、きつめのシューズを選んでしまうと

シューズを履くこと自体が嫌になってしまうので、

その辺は何度か試着して、痛すぎないものを選びましょう。

 

ソールについては、硬いほど足裏に力がかけやすくなるため、

上級者の方は、硬いソールを選ぶ傾向があります。

 

ただ、硬いとつま先が痛くなったり、足の裏の感覚が

わかりにくくなるので、やはり初心者の方は

柔らかめのソールでできたシューズを選んだ方がいいですよ。

 

ボルダリングシューズは、様々な形状のものがあります。

そこで、注意したいのが、自分のつま先とかかとの形状

合わせたシューズを選ぶということです。

 

つま先については、一般的に、親指が一番長い方と

人差し指が一番長い方に分かれると思います。

WS000048     WS000049

 

また、かかとについては、横から見て直角になっている方と

かかとが飛び出していて、横から見ると三角形に近い形に

なっている方がいるかと思います。

WS000050WS000051

 

これらの足の特徴に合わせたシューズの選び方をすると、

自分の足にピタッとフィットしますよ。

 

ボルダリングシューズの種類

 

ボルダリングシューズの種類には,、次の3つの違いがあります。

 

  • 着脱タイプの違い
  • ターンインタイプかどうかの違い
  • ダウントゥタイプかどうかの違い

 

着脱タイプの違いについて

 

着脱タイプについては次の3つのタイプがあります。

  • シューレス(靴ひも)タイプ
  • ベルクロタイプ
  • スリッパタイプ

 

クライマーによって好き嫌いがあり、好みが分かれるところですが、

簡単にそれぞれのメリット・デメリット

まとめておきますので、参考にしてくださいね。

 

シューレス(靴ひも)タイプ

特   徴:靴ひもで締めるタイプです。

メリット :自分の足に合わせて調整できるのでフィット感が抜群

デメリット:使用中に靴ひもがほどけることがある。

WS000053

 

ベルクロタイプ

特   徴:マジックテープのついたベルトで締めるタイプです。

メリット :シューレスに比べて、着脱が用意。

デメリット:2~3か所のベルトで締めるため、シューレスほどのフィット感は得られない。また、ベルトの交換が困難。

 

WS000052

スリッパタイプ

特   徴:名前のとおり、スリッパのように履くタイプです。

メリット :靴ひもやベルトがないので、着脱が用意。

デメリット:着脱の度に伸びてしまうが、ひもやベルトで調整ができない。

WS000054

 

ターンインタイプ

 

WS000055

つま先が、親指側に集まるように作られたタイプのシューズで、

トゥーフックなどの、つま先を多く使う壁で威力を発揮します。

 

初心者の方は、つま先の使い方に慣れていないので、

最初はノーマルタイプを選ぶ方がいいですよ。

 

ダウントゥタイプ

 

WS000056

つま先側のソールが、かぎ爪のようになったタイプのシューズで

ルーフ壁に向いたシューズです。

 

初心者の方は、そういった壁をいきなりガンガン登ることはないので、

フラット型のシューズを選ぶといいですね。

 

初心者にオススメのボルダリングシューズ

では最後は、着脱タイプ別に管理人がオススメする

ボルダリングシューズを紹介したいと思います。

 

シューレスタイプ

ミウラー (メーカー名:La Sportiva)
楽天市場で価格:17,850円から
 

WS000060

クライマーの多くの方が愛用するこの商品。それはもう

抜群のフィット感と様々な壁に対応できる万能性を備えた

こちらの商品です。

 

管理人が今使っているのがこちらの商品ですが、

一度こちらの商品を履いてしまうと、もう他のシューズに

目がいかなくなるくらい、履き心地がいいですね。

 

若干ダウントゥぎみのソールは、初心者の方には少し硬い

かもしれませんが、でも十分、初心者の方でも履けるぐらいの

硬さだと思います。

 

もし、シューレスタイプで迷った場合は、まずはこちらの

シューズを選べば間違いないでしょう。

 

ベルクロタイプ

フラッシュ2.0 (メーカー名:MAD ROCK)

WS000058

こちらは管理人が一番最初に購入して大変気に入った

シューズです。

 

お店の定員に勧められ、試着をして決めたのですが、

実際に履いてみると、たまたまなのかもしれませんが、

管理人の足にジャストフィットしました。

 

最初のころは少し痛い時期もありましたが、

全体的に少し柔らかめに作られていることもあり、

すぐにその痛みもなくなりました。

 

また、ソールもやわらかめなので、ホールドなどへの

フィット感がよく、たまたま他の靴を借りることが

あった時に、その良さをさらに実感しました。

 

 

スリッパタイプ

モカシム (メーカー名:5.10)

WS000059

管理人が3番目に購入したのが、スリッパタイプの

こちらの靴です。

 

周りにこの靴を履いている方が多かったので、ためしに

スリッパタイプを買ってみようと思って、はいたのが

きっかけでした。

 

履いてみて、すぐにその良さを実感できました。

スリッパタイプはすぐに脱げるイメージがあったのですが、

それはまったく無駄な心配でした。

 

こちらもソールが柔らかめなのと、足にフィットする感覚は

想像以上で、スリッパタイプを考えている、初心者の方に

オススメの商品ですよ。

 

3つの商品を紹介しましたが、管理人のクライマー仲間からも

かなり評価の高い商品ばかりですので、どれを買うか迷った際には、

これらの商品を選択すると間違いないと思いますよ。(^^)

 

スポンサード リンク

よく読まれている関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す