チャイルドシート!法律の義務年齢はいつからいつまで?身長や体重との関係は?

お子さんをお持ちの自家用車を運転する方は、必ず注意しないと

いけないのがチャイルドシートの着用ですよね?

 

でも、子どもが生まれた知人からこんな質問を受けることが

結構あるんですよね~。

 

 

 

  • チャイルドシートって何歳からつけるんだっけ?
  • そもそも新生児をチャイルドシートに乗せないといけないの?
  • チャイルドシートが免除されることはないの?

 

 

 

ということで今回は、少し知識が曖昧となっている方のために、

チャイルドシートの義務年齢、罰則や免除されるケースについて、

徹底的に調べてみましたよ~。

 

あれ?チャイルドシートっていつまで付けるんだったっけ?

と思ったそこのあなた!

ここはきっちっと、おさらいしておきましょうね(^^)/

 

スポンサードリンク

 

では、早速いってみましょう!

 

チャイルドシートの義務年齢

 

まずは、チャイルドシートの義務年齢についてですが、

チャイルドシートは平成12年4月1日の道路交通法の改正

によって、6歳未満の乳幼児に使用することが義務化されました。

 

ただ、6歳未満の乳幼児といっても生まれたばかりの赤ちゃんと

6歳の幼児とでは、かなり体の大きさに差がありますので、

当然のことですが使用するチャイルドシートの種類も異なってきます。

 

年齢によるチャイルドシートの違い

ここで、チャイルドシートの種類による、

年齢、身長、体重の目安の違いを見ておきましょう!

 

0~1歳(身長70cm以下、体重10kg未満)

 

新生児はもちろんですが、首の座ってない赤ちゃんのため、

寝かせるタイプを使用します。

 

WS000080

 

寝かせ方も、座席に対して「横向き(ベッドタイプ)」に

するものもあれば、「後ろ向き(シートタイプ)」にするものも

ありますね。

 

1~4歳(身長65~100cm以下、体重9~18kg)

 

首が座ってきて、自分で座れるようになっていることが目安で、

進行方向に対して前向きにして使用します。

WS000082

 

ただ、首が座って間もない時期は、

後ろ向きにして衝撃を背中で受け止めるように取り付けましょう。

 

WS000081

 

4~6歳(身長135cm以下、体重15~36kg)

一般的には「ジュニアシート」と言われる座部を調整し、

 

ベルトが首にかからないようにして、通常のシートベルトを

使用します。

コンパクトタイプから背もたれの付いたタイプまでありますが、

子どもの身体の大きさに合わせて使い分けましょう。

WS000084
コンパクトタイプ

WS000083
背もたれ付タイプ

 

さてさて、チャイルドシートがどんな種類があるか

わかったところで、次からは着用違反と罰則について

見ていきましょう!

 

チャイルドシート着用違反と罰則

 

先ほどチャイルドシートの着用義務年齢を6歳未満の乳幼児と

説明しましたが、もし着用していなかった場合、

どんな罰則が科せられるのでしょうか。

 

まずは、大人のシートベルト違反の場合について

おさらいしておきましょう。

 

前部座席のシートベルト違反

 

  • 罰則金:無し
  • 違反の減点:1点

 

 

後部座席のシートベルト違反

 

  • 一般道での罰則金:無し
  • 一般道での違反の減点:無し

 

  • 高速道路での罰則金:無し
  • 高速道路での違反の減点:1点

 

次はチャイルドシートの着用違反の場合の罰則です。

 

チャイルドシート違反

 

  • 罰則金:無し
  • 違反の減点:1点

 

 

もうお気づきかと思いますが、大人の方がシートベルト

違反した時と、基本的には同じ罰則内容になってます。

 


ただし、チャイルドシートの場合は、座席の位置、

一般道や高速道路といった違いはありませんので

注意してくださいね。

 

チャイルドシートが免除されるケース

 

では、チャイルドシートが免除されるケースはあるのでしょうか。

例えば、公共交通機関を利用した際などどうなのでしょうか。

 

次のように、物理的な問題や身体的な問題を抱えている場合、

チャイルドシートの使用義務が免除されます。

 

  • 子どもの成長が著しく、チャイルドシートに収まらない場合
  • 授乳やおむつ交換をしている場合
  • 子どもが怪我や病気で着用が困難な場合
  • 乗車定員内の人数で子供人数分のチャイルドシートを
  • 使用できない場合

 

スポンサードリンク

 

ただし、次のような場合は免除されませんので

ご注意ください。

 

  • 知人の車に乗せてもらう場合
  • クッションや座布団をジュニアシート代わりしていた場合
  • 大人が抱っこして抱えていた場合
  • シートベルトを首にかからないようにする補正グッズを使用した場合

 

最後に

 

チャイルドシート・ジュニアシートの義務年齢はあくまでも目安であり、

成長のスピードによって、要不要の差が出てきます。

 

法律で定められた義務年齢にこだわるよりも

お子さんの安全にとってどうなのかを最優先にして考える

のが一番ですね。

 

ですので、4~5歳でも、身体が小さなお子さんは無理して

ジュニアシートにする必要もありませんし、

 

6歳を超えていても、シートベルトが首にかかるようでしたら、

ジュニアシートを使用するといった対応をしてあげるのが、

子どもの安全のためには必要ではないでしょうか。

 

スポンサード リンク

よく読まれている関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す