北海道の高速道路!ETC割引は4月からどう変わった?マイレージポイントもらえるの?

え!!ETC割引が4月から、なくなった!?

と管理人が勘違いしたのが、つい最近のことです。(^^;)

 

管理人も道民なのでよくわかるんですが、車社会の北海道では

高速道路は欠かせないですよね~。

 

そして、ETC割引はなくてはならないサービス

誰もが思っていると思います。

 

スポンサードリンク

 

札幌から旭川、帯広、函館、苫小牧といった主要都市を車で

移動する際に、道民の多くの方が利用しているので、4月から

どう変わったのか気になる方も多いのではないでしょうか。

 

また、道民の方だけでなく観光客の方も、

今度レンタカーで旅行しようと考えていて、気にしている方も

いると思います。

 

確かに、ETC割引はエリアによってサービスに違いがあるので、

4月からの制度改正で北海道エリアがどうなったのか、

気になりますよね~。

 

ついこないだ、こちらにETC割引の旧制度と新制度の記事を

書いた後ですが、4月以降の北海道エリアのETC割引について、

今回は取り上げてみたいと思います。

 

ではでは、4月からETC割引が変わったと聞いて気になっている

道民の皆様!また、観光客の皆様!

もし、気になるようでしたら、記事を読んで下さいね~。

 

そうそう、最後は北海道エリアのETC割引でよくある質問

Q&A形式でまとめておきましたので、ご参考あれ~。

 

スポンサードリンク

 

北海道エリアのETC割引について

 

さて、平成26年4月1日以降における、北海道エリアの

ETC割引について、簡単にまとめると次のとおりです。

 

【割引サービス内訳】

平日朝夕割引 → ○(サービス対象)

休日割引 → ○(サービス対象)

深夜割引 → ○(サービス対象)

マイレージポイント還元 → ○(サービス対象)

 

つまり、今回、新たに取り入れられた、割引制度は

いずれも北海道エリアの場合、サービスの対象内と

なっていま~す!

わ~い、パチパチパチパチ(^^)b

 

ま、これまでと同様に首都圏や大阪圏多くのサービスが

対象外となっている構造は同じということですね。

 

とはいっても、昨年度に比べるとサービスの種類が

6種類から3種類(マイレージサービスを除く)

減ってしまっているので、

 

これまでに比べると、割引の機会は減ってしまっているんですよ~。

ん~これはザンネン!(><)

 

北海道で利用可能なETC割引を簡単にまとめると?

 

各割引サービスについては、前記事で詳細に説明していますので、

そちらをご覧ください!

と言いたいところですが、さらっと説明しておきますね。

 

新制度から

ETCカードの事前登録が必要なサービス不要なサービス

の2タイプあるんです。

 

そして、それぞれの特徴を簡単に説明しますと、こんな感じです。

 

ETCカードの事前登録が必要なタイプ

 

平日朝夕割引(旧制度:通勤割引相当)

 

旧制度の通勤割引とほぼ同じような割引サービスですが、

大きな違いは対象走行回数があるということですね。

つまり、月に1~4回利用しても還元されないのです!(><)

 

  • 割引対象車種:すべての車種
  • 時間帯
    平日の午前6時~9時、17時~20時
  • 割引方法
    翌月20日に還元額を配布
  • 回数制限
    午前・午後それぞれ最初の1回
  • 一か月間の対象走行回数
    5回~9回:約30%還元
    10回以上:約50%還元

 

マイレージポイント還元(旧制度:有り)

 

2006年からもともとあったサービスですが、

平成26年度より、NEXCO3社の管理する道路で還元ポイントが

統一され、10円につき1ポイントがつくようになりました。

 

  • 還元ポイント:高速道路支払料金10円につき1ポイント
  • 配布時期:利用月の翌月 20 日。
  • 有効期間:最大2年
  • ポイントの交換単位:
    1,000ポイント → 500円
    3,000ポイント → 2,500円
    5,000ポイント → 5,000円

 

ETCカードの事前登録が不要なタイプ

 

休日割引(旧制度:休日特別割引相当)

 

旧制度の、休日特別割引制度とほぼ同じサービスですが、

注意しないといけないのが、7月5日から割引率が30%

なってしまうということです!

 

  • 割引対象車種:普通車・軽自動車等(二輪車)のみ
  • 割引対象日:土曜・日曜・祝日(終日)
    毎年 1月2日~3日、平成26年4月28日
  • 割引対象道路:地方部の高速道路
  • 割引率:
    平成 26 年 4 月 1日から 6 月 29 日まで50%割引
    平成 26 年 7 月 5 日以降30%割引

 

 

深夜割引(旧制度:深夜割引相当)

 

旧制度と同じ名前の深夜割引ですが、割引率が

旧制度では50%でしたが、30%に下がってるのが、

大きな変更点です。

 

  • 割引対象車種:すべての車種
  • 割引対象日時:毎日 0時~4時
  • 割引対象道路:高速道路 及び 宮城県道路公社の仙台松島道路
  • 割引対象外道路:京葉道路・第三京浜道路・横浜新道
  • 割引率:30%割引

 

どうでしたか?おわかりいただけましたか?

 

続いて、Q&Aコーナーに行ってみたいと思いま~す♪

 

北海道エリアのETC割引Q&Aコーナー

 

Q. 北海道でレンタカーを借りて、ETCカードを使ったらどうなるの?

A. そのまま、お持ちのETCカードにマイレージポイントがたまります。

 

Q. ツーリングで北海道に行く予定なんだけど、2輪車はETC割引を利用できるの?
A. 2輪車はすべての割引サービスをご利用できます。

 

Q. ゴールデンウィーク、お盆、年末年始のETC割引はどうなってるの?
A. ゴールデンウィーク、お盆は暦(こよみ)どおりで、土日祝日は休日割引を利用できます。

また、年末年始については1月2日と1月3日が休日割引となり、それ以外は暦(こよみ)どおりですよ。

 

Q. 北海道でETC割引をお得に使いこなすにはどうすればいい?
A. これだけ種類が減ってしまうと、やれることが限られてきますが、やはり、割引率が50%と高い、休日割引を有効的に使うのが一番のオトクな使い方と言えますね

ただ、それも6月までの間ですので、それ以降は休日割引、深夜割引、ともに同じ割引率になってしまいます。

ますます、オトクな利用の仕方といったものが、なくなってきてるんですよね~。

あとは、マイレージポイントをため込んで、しっかりと還元額に交換するといったところでしょうか・・・。

何と世知辛い世の中になってきましたね~。

言いすぎかな(^^;)

 

 

まとめ

では、これまでのお話をおさらいしますと。

 

北海道エリアのETC割引は全てサービス対象内です。

 

北海道エリアで、ETC割引をお得に利用するには

次のとおりです。

 

  • 6月29日までは休日割引を狙って、利用しましょう!
  • 7月以降は割引率に差はないので、マイレージポイントを
    交換して有効に利用しましょう。

  • マイレージポイントをもらうために、マイレージサービスの
    登録を必ず行いましょう!

 

以上、参考になりましたでしょうか~。

 

スポンサード リンク

よく読まれている関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す