幼稚園と保育園の違いとは?比較表で簡単チェック!

小さなお子さんをお持ちのおやごさんで、
幼稚園と保育園、どっちに預けるかで悩む方も
多いのではないでしょうか。

IMG_0100-540x360

実際に管理人にも2才と0才の子供がいるので、
上の子をこれからどうするか、
ちょうど考える時期に来てるんですよね~。

 

で、最近、かみさんからは幼稚園はこうだし、
保育園はあれだしと、いろいろと相談されるんですが、

管理人の場合、この辺の知識が全くないため、
あいまいな返答しかできていませんでした。(><)

 

で、このことに対して、また怒られるという
悪循環に陥っていましたので、

「これじゃーいかん!」と思いたちまして、
一から勉強しようと決心したわけです。(^^;)

 

そこで今回は、
幼稚園と保育園の違いについて、一から勉強しようと考えている、
パパさん(とーちゃん)、ママさん(かーちゃん)のために、

管理人なりにわかりやすくまとめてみましたので
参考にしてくださいね。

一目で違いがわかる簡単な比較表も用意しましたよ~♪

スポンサードリンク

 

幼稚園と保育園の比較表

N112_hooduewotukujyosei500-thumb-390_jpgauto-2103

両者の違いを文章で長々と説明しても
なかなか頭に入ってこないと思います。

実際に管理人はそうでした・・・。(^^;)

ここは簡単な比較表を用意しましたので、
サッと見てパッと理解してしまいましょう!

 

  幼 稚 園 保 育 園(認可)
根拠法令 学校教育法 児童福祉法
所 管 文部科学省 厚生労働省
目 的 幼児を保育し、適当な環境を与えてその心身の発達を助長すること 保育に欠けるその乳児又は幼児を保育すること
保育内容 一般的には自由遊びの時間と一斉保育を組み合わせる場合が多い。 一般的には自由遊びの時間が多い。
対象年齢 満3才~小学校入学まで 0才~小学校入学まで
給 食 任意 義務
保育時間 原則として1日4時間
但し休暇中も預かり保育が行ってくれる園もある。
原則として1日8時間
延長保育を実施する園も多い。
休 日 夏休み・冬休み等の長期休暇があり、各週土曜日も休み。 夏休み・冬休み等の長期休暇なし。
土曜日や祝日、年末の保育をしてくれる園もある。
延長保育  一般的に16時~17時まで 一般的に17時~19時までが多い。
保育料 設置者が決定。
保育料は幼稚園に納付
保護者の課税状況に応じて市町村長が決定。
保育料は市町村に納付
入園方法 園に直接申し込み。 基本的には所在地の自治体に申し込み。
設置者 国、地方公共団体、学校法人など 地方公共団体、社会福祉法人など
職員配置人数 1学級35人以下に
1人を原則
0歳児3人に1人
1、2歳児6人に1人
3歳児20人に1人
4、5歳児30人に1人

両者の違いがなんとなく分かりましたでしょうか?

ただ、これだけでは少し説明が足りない部分も
ありますので、
次に、両者の大きな違いを見て行きましょう!

 

スポンサードリンク

 

比較表の補足説明

①根拠法令・所管・目的

まず、何も知らない管理人はが思ったのは、
なんで似たような施設なのに
法律やら所管が違うんだろうか?

という疑問ですが、
そもそも設置目的が違うからなんですね。

幼稚園は文部科学省が管轄の「教育施設」
保育園は厚生労働省が管轄の「福祉施設」
です。

ですので、

幼稚園は学校教育の準備段階ということから、
『教育の場』という性質が強いと言われて
いますね。

一方、保育園はご両親の仕事や健康面などによる
理由によって保育に欠ける、という条件がありますので、
『生活の場』といった性質が強いと言われています。

 

②保育内容

一般的に幼稚園は教育が中心、
保育園は自由遊びや生活習慣が中心

といったイメージが強いと思います。

確かに、
幼稚園では早期教育や小学校受験を目標に
据える園もありますし、

保育園では低年齢のこどもに対しては、
オムツやトイレ、歯磨きなどを身につけられる
保育もされています。

でも実際には、 幼稚園でも自由遊びを導入していたり、
保育園でもひらがなや英会話をするところもあったりと、
その差がなくなってきているとも言われています。

 

③対象年齢

幼稚園:満3才~
保育園:0才~

幼稚園は一般的に満3才から小学校に入るまでです。
でも、最近では誕生日を迎え3才になった時点で
入園できるところもあります。

また、年度途中で3才になる2才のお子さんの入園を
認めるところもあります。

 

保育園は保育に欠ける状態であれば、
1歳未満の乳児から入園でき、
小学校に入るまで預かってもらえますよ。

 

④保育時間


幼稚園:基本4時間以上
一般的な預かり時間:
9:00~14:00、10:00~15:00

幼稚園は原則として1日4時間ですけど、
預かり保育を行っているところもありますよ。
ただ、夏休みなどの長期休業がありますね。

保育園:基本8時間以上
一般的な預かり時間:
:00~16:00、9:00~17:00

保育園は原則として1日8時間ですが、
ご両親が仕事で遅くなることもあるので、
延長保育をやっているところもあります。

また、夏休みなどの長期休業がありません。

 

⑤延長保育

幼稚園:16時~17時
最近では18時から19時まで預かり保育を
やってくれるところも出てきています。

保育園:18時~19時
私立保育園の中には、20時~21時まで
預かってくれるところもあります。

 

⑥保育料

幼稚園
設置者が任意で設定するため、幼稚園によって
まちまち。ただし、一般的に公立よりも私立の方が高いですね。

保育園
保護者の所得税額または市町村民税額により
決定するため、市町村単位では金額が同じ。

 

2人目、3人目の保育料は?
保育園では、所得に関係なく
2人目、3人目とお子さんが複数いる場合は
2人目が5割負担、3人目以降が無料となります。

また、幼稚園にも同様の制度がありますが、
所得制限がありました。

しかし、現政府の方針で、
来年度からその所得制限がなくなる可能性も
出てきています。

 

⑦入園方法

幼稚園:園に直接申し込み。
定員超過の場合、面接や簡単な試験がある場合も。

保育園:所在地の自治体に申し込み。
地方格差があり、待機児童の少ない地域なら基準が
比較的緩やかです。

しかし、
待機児童数の多い地域では両親がフルタイム勤務など
基準が厳しいケースもあるようです。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

幼稚園と保育園の違いについて、少しはお役に
立てたのではないでしょうか。

今後、管理人は以下の点をポイントにして、
幼稚園にするか保育園にするか決めるつもりで
います。

  • 保育費用
  • 保育内容
  • 保育時間・保育期間

 

ですので、この点についても更にリサーチして
紹介したいと思います!

スポンサード リンク

よく読まれている関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す